旧「リッツ」リッツチーズサンドと新「ルヴァン」チーズサンドクラッカー食べ比べ!

ヤマザキナビスコ旧「リッツ」とYBCヤマザキビスケット新「ルヴァン」の違い!

 

こんにちは、おいしいもの探し隊!のマキです。

今日は、話題のお菓子について調べてみました。

「リッツ」と「ルヴァン」です。

 

img_4445

ヤマザキナビスコ旧「リッツ」がなくなる理由は

ヤマザキナビスコは、モンデリーズ インターナショナル インクとの商標ライセンス契約のもとに、リッツやオレオなどの製品を製造販売してきましたが、そのライセンス契約が今年2016年8月で終了となりました。

ライセンス契約が終了になった理由は、ヤマザキナビスコとモンデリーズ インターナショナル インクの事業戦略の相違で契約を終了したそうです。

リッツもオレオも日本市場から姿を消すわけではありません。

今後、リッツもオレオもモンデリーズ インターナショナル インクの日本法人である「モンデリーズ ジャパン」が日本で販売していくことになります。

そして、新たに旧ヤマザキナビスコはヤマザキビスケットと社名を改め「ルヴァン」という新商品を、発売しました。さらにモンデリーズ・ジャパンが9月12日より新リッツの販売を開始した。

 

原材料名の違いをチェック!

 

こちらが、原料料名の違いです。

旧リッツに入っていて、ルヴァンに入っていない物は、植物油脂だけです。

一方、ルヴァンに入っていて、旧リッツに入っていない物は、加工油脂、ライ麦粉、イースト、発酵種が入っていました。

内容量も、1パック9枚入りです。

 

img_4448

気になるカロリーも比べてみました!

 

栄養成分表示を確認してみると、ルヴァンがエネルギー400カロリーに対し、旧リッツは、1パック930カロリー、炭水化物、ルヴァンが42.3gに対し、旧リッツは、40.0gです。

ルヴァンの方が、栄養成分は、高いようです。

img_4447

 

食べ比べてみます!

まずは、パッケージからもおわかりの様に、形が旧リッツが、丸に対し、新ルヴァンは、四角い形をしていますが、クラッカーの色や、上に乗っている塩は、変わらなように見えました。

 

img_4454

 

まずは、旧「リッツ」から頂きます!

 

コクのある、チーズクリームがとても、美味しいです。サクサクしたクラッカーとの相性が抜群です。

 

 

img_4456

 

新「ルヴァン」も食べてみました!

 

img_4455

 

コクのある、チーズクリームは、正直、変わらない美味しさです。

私が食べてみての違いは、クラッカーの厚さが違う気がしました。

旧リッツに比べて、新ルヴァンの方が、クラッカー自体が、少し厚みが出ているように感じ、チーズクリームサンドは、2枚のクラッカーを同時に食べるので、特にそう感じました。

 

どちらも、美味しいクラッカーでした。

ヤマザキナビスコの製品は、もうあまり、販売されていないようですが、機会があれば是非、食べ比べてみて下さい。

 


 

ヤマザキビスケット株式会社

http://www.yamazaki-biscuits.co.jp/sp/newproducts_nb/

 

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 【大阪】夏休みお得にランチブッフェ!ホテルグランヴィア大阪

  2. 【大阪】NEW OPEN‼︎PASTA+En to En 店内パスタ工房があるお店

  3. 【銀座】マークカフェ&グリル バイ アンプルール(MARK CAFE & GRILL BY AMPLEUR) 竹炭を使用したチャコールパンケーキ

  4. 12/31(金)までの期間限定ホテルスイーツブッフェ!コンテスト入賞スイーツ食べ放題

  5. 割烹波勢  神戸北野でリストランテペスカトーレ

  6. キーマ堂 グルテンフリーダイニング(GF DINING)二子玉川で朝カレー! 

  7. 高級お取り寄せグルメ三陸赤崎産牡蠣のカンカン焼き

  8. セブンイレブンコンビニスイーツ・ミッキーマウス ベリー&チョコ/ミニーマウス さくら&いちご

カテゴリー