金のダイニング The Gold Rice Dining(ザゴールドライスダイニング)銀座本店/Premium Restaurant TOKYO(プレミアムレストラン東京)

お米・玄米

贅沢なひと時を過ごす〜金のダイニング〜銀座本店

 

華やかで洗練された銀座の夜は、寒さが増すのと比例して

ネオンやお店の装飾も活気が増してきている印象を抱きます。

 

みなさんこんにちは。

おいしいもの探し隊!のミヤッチです。

インフルエンザが流行っていますが、体調管理をしっかりとして

この冬を乗り切りたいものですね。

 

さて!

今回は銀座にある、金のダイニングさんにお邪魔しました。

 

どんなおいしいものが待っているのか、

毎回のことながら素敵な出会いに胸ふくらませて

今回も心臓がバクバクしています。

 

 

お米を食べる喜び、そして、お米本来の魅力を発信していきたい!!

 

そういうコンセプトを掲げてらっしゃるお店とのことで、

どんな出会いが待ち受けているのか、早速突撃です!!

 

 

銀座  金のダイニング  素敵な外観

 

img_4997

 

柔らかい光に包まれた扉を開けると、

そこには素敵な空間が広がっていました。

 

店内の雰囲気に見惚れながら、

カウンターに着席します。

 

img_5002

 

銀座 金のダイニング〜先付〜

 

img_5006

 

こちらの先付には、

 

1.小鉢の中には白子の煮付

2.かぼちゃの甘みが引き立っている煮物

3.紅葉の色と形をかたどった麩とむかご

4.白バイ貝

 

が飾られています。

 

一つ一つが非常に美味しく、

 

口の中でその食感と香りを存分に楽しみながら味わいました。

 

その中でも特に印象に強く残ったのが、

 

この白子の煮付です。

 

img_5070

 

なんておいしいんだろう。

 

そのプリっとしている外観からは想像もつかないくらい、

 

柔らかくて濃厚なクリームが口の中を優しく包み込んでいきます。

 

その柔らかさの中にあってさえも、

はっきりと主張をしてくるこの美味しさに

思わず笑みがこぼれます。

 

それはまさに海のクリームチーズ

のようでした。

 

銀座 金のダイニング〜海鮮丼、うに・いくらのせ〜

 

img_5069

 

こちらの海鮮丼は昼食の時間帯(11:30〜14:00)に

提供されるものだそうです。

 

img_5071

 

1.海鮮丼  980円

2.海鮮丼いくらのせ  1,480円

3.海鮮丼うに・いくらのせ  1.980円

 

となっています。

 

今回、私がいただいたのは

海鮮丼うに・いくらのせです。

 

この丼で目を見張るものは

やはり、うにといくらです。

 

うにといくらを口の中にいれると、

まったりとしたあの独特の味わいが重なり合って、喧嘩することなく融合して

 

口の中で新しい何かが誕生したような贅沢な味が

口の中で広がり、

 

喉をゆっくりと通り過ぎ、

そしてその匂いが鼻から抜けていきます。

 

味覚、嗅覚、視覚が研ぎ澄まされるようでした。

 

しかし、驚いたことに、こちらの丼の中身はこれだけではなかったのです。

 

鮪(マグロ)、蟹(カニ)、ばか貝、つぶ貝、数の子、きゅうり、ネギ、胡麻、大葉、のり

 

が入っていました。

 

食べ進めるほどに色とりどりの具が、

複雑に絡み合っては融合し、

複雑に絡み合っては融合し、、

心踊るその味に

お箸は動くのをやめず

口は常に動き

喉は食べ物をその奥へ、奥へと誘導していきます。

気が付けばもう丼の底と

挨拶を交わしていました。

 

 

銀座 金のダイニング〜刺身盛り合わせ〜

 

img_5072

 

こちらのお刺身盛り合わせには

三種類の刺身が入っています。

 

1.鮪

2.たこ

3.ヒラメ

 

になります。

 

噛むほどにヒラメの美味しさが口の中で堪能できます。

 

たこの歯ざわりはやはりといったところです。柔らかくもちもちとしています。

 

まぐろはしっとりとしていて鮪特有の旨味がしっかりと伝わってくるおいしさでした。

 

 

銀座 金のダイニング 豪華!!〜貝セレクション〜

 

img_5074

 

こちらは総料理総括の松本さんです。

 

松本さん、とても笑顔の優しい方で、

その人柄がこの素晴らしい料理にも生きているのかなと

思わせてくれるほど紳士的な方です。

 

私のつたない質問や疑問にも笑顔で答えてくださり、

 

とても楽しいひと時を過ごせたと思います。

 

ありがとうございます。

 

さて、

その松本さん曰く、

貝にはすごくこだわりがあるそうです。

 

確かに見るからに新鮮で種類豊富なこの貝をみると、

 

どれを選べばいいのか迷ってしまいます。

 

この種類、この新鮮さにビックリです

img_5075

 

どれにしようか散々悩んだ挙句、

 

アワビをチョイスしました。

 

どんな料理になって私のもとに来るのか楽しみです。

 

しかし、驚くことに調理法をこちらで指定できるというのです。

 

これは素晴らしいサービスですね。

 

私は焼いてくださいとお願いをして焼いてもらうことに。

 

それがこちらです。

 

 

img_5076

 

柔らかさの中にもコリコリとした食感もあり、

味付けも絶妙で素晴らしいお味でした。

 

銀座 金のダイニング〜茶碗蒸し〜

 

次は茶碗蒸しです。

 

img_5077

ガラス製の容器に目にも鮮やかで

湯気が香りをまとって立ち上っていきます。

 

一口、一口と運ぶごとに

卵と出汁のベースに椎茸の味がかさなったり、

 

海老の味が乗っかったり、

 

銀杏の独特の風味がアクセントになったりと

 

食べ進めるごとに美味しくいただくことができました。

銀座 金のダイニング〜握り寿司〜

 

御料理はまだまだ続きます。

 

いよいよ真骨頂ともいうべき、

 

お寿司を握っていただくことに。

 

img_5078

 

さぁ、どんな握りが出て来るのか楽しみです。

 

まずは鮪!!

 

img_5079

 

なんとも美味しそうな色合いのマグロの握りです。

 

しかしみなさん、

中央にある2つのシャリが気になりませんか?

 

右奥が少し色付いていて、左側は付いていません。

 

実はこの握りには赤酢を使用しているのです。

 

更に使っているお米に関して申し上げますと、

実はこちらのお寿司、

そして先ほどの海鮮丼

に使用されているお米に相当なこだわりがあるんです。

 

実はこちらの金のダイニングさんでは、

 

お米全てに金芽米を使用しているんです。

 

金のダイニングさんで使用している

「ゴールドライス(金芽米、金芽ロウカット玄米)」は、

東洋ライスさんが開発した精米機で、糠の健康成分を残しながら

極薄く剥ぎ取る、特別な精米方式を採用しているとのこと。

 

実に奥深いです。

 

出す料理に対して金芽米の削り方も変えているとのこと。

素晴らしいこだわりの中にさらにこだわるという、

 

まさに脱帽です。

 

さて、実際のお味の方は、

 

やはりおいしいんです。

 

赤酢が優しくシャリに色と香りと味を添えて

 

マグロの旨味と折り重なって

 

しっかりとした味を舌に残してくれます。

 

続いては、芽ねぎうずら!!

 

img_5080

 

芽ねぎのシャキシャキした歯ざわり、

うずらの卵なとろりと口の中に広がっていく感じが、

贅沢な食感となって口の中で踊ります。

 

素晴らしいの一言です。

 

続いてはアナゴ!!

 

img_5082

 

こんなにふっくらと仕上がった穴子は

素晴らしいとしか言いようがありません。

 

タレとの相性も抜群で、しっかりとしたお味が堪能できます。

 

穴子が喉を通り過ぎる時、

 

かすかに淡い柑橘系の香りが別れ際の挨拶かのように

 

優しく漂っていた感じがしました。

 

スモークしたサーモンの握り!!

 

 

img_5081

 

 

こちらのサーモン、あの王子サーモンを使用しています。

 

王子サーモンと言えば、一流ホテルはもちろんのこと、

皇室にも献上されたことのある、

 

有名なブランドです。

 

それをスモークして握るとのことですが、

 

そこにも深いこだわりがあるそうで、

 

その日の状態によって出す出さないを決めるそうです。

 

よって、定番になるかどうかはまだわからないとのことでした。

 

さて、気になるそのお味ですが、

 

スモークサーモン!?

 

とあなどることなかれ、これが本当に絶品で、

 

口当たりは溶けるような柔らかさと

 

全身に優しく行き渡るかのような淡いスモーク独特の香りが印象を深く残してくれます。

 

記憶に残る素晴らしい香りでした。

 

んー、これは是非定番にして欲しい。

 

お願いします松本さん!

 

銀座 金のダイニング〜お椀〜

 

img_5083

 

お椀を飲みながら、今日の料理の出会いに想いを馳せます。

 

なんとも落ち着くゆったりとした時間が流れます。

 

ホッコリしますね。

 

銀座 金のダイニング〜お米スイーツ〜

 

最後はスイーツでしめくくりです。

 

img_5084

 

お団子です。

 

そのもっちりとした柔らかさ、

お米の甘い香り、

そしてお米の焼けたこうばしい匂いが

絶妙の一品でした。

 

もちろん、このお団子も金芽米を使用しています。

 

凄すぎて、もう何も言うことはありません。

 

銀座 金のダイニング〜まとめ〜

 

さて今回も、とても素晴らしいおいしいものとの出会いがありました。

 

感謝です。

 

実は他にも焼き魚もいただいたのですが、

写真を撮るのを忘れてしまいました。

 

ごめんなさい。

 

焼き魚は鰆(サワラ)の幽庵焼きだったのですが、

 

こちらも本当に絶品で

ゆずの残り香が鼻と喉に爽やかに香り、鰆の味ともに最高でした。

 

そして今後、

 

お米を使ったスイーツも種類を取り揃えて提供していくとのことでした。

 

可愛い名前のスイーツが沢山並ぶとのこと。

 

どんな名前か気になりますね。

 

気になる方は検索してみたり、

 

実際に足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

きっと、贅沢な時間が出迎えてくれることでしょう。

 

その他にも色々なコースや料理があります。

 

贅沢なひと時、

特別な日に大切な方と

色んなシチュエーションで利用してみてはいかがでしょうか。

 

おいしいだけではなく、その先のことまで考えて料理にこだわる。

 

とても有意義で深い時間を過ごすことが出来ました。

 

さぁ、次はどんな出会いがあるのでしょうか?

 

楽しみです。

 

以上、

 

おいしいもの探し隊!のミヤッチでした。


店名  金のダイニング

住所  東京都中央区銀座5-10-13 1F

電話  03-3573-5515

URL  http://www.goldricedining.jp

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました