【HOMELLAホメラ】錦糸町テルミナ×メキシコ料理×ボジョレーヌーボー!

お米・玄米

メキシコ料理と解禁されたボジョレーヌーヴォーを味わいに錦糸町HOMELLA(ホメラ)さんへ

 

はじめまして、こんにちは。

ライターのツノッチと申しますm(_ _)m

 

今回が初記事となり、若干緊張しておりますが、

現場の雰囲気が少しでも伝わるように頑張っていきます!:oops:

 

はい!初仕事はメキシコ料理とボジョレーということで、

錦糸町駅直結、TERMINA(テルミナ)の5階にあるHOMELLA(ホメラ)さんにお邪魔させていただくことに。

メキシコでイメージできるものが、マラカスと陽気なおじさんとタコスくらいの僕は、

どんなものが出てくるのか期待で胸いっぱいですね!

 

 

HOMELLA(ホメラ)の店先ではボジョレー推し!

img_4567

本日、ボジョレー解禁ということで、店先でも大きくアピールされていますね!

隣の黒板に載っているメキシコにちなんだドリンクも気になりますね。

 

 

店内の様子は

img_4622

 

このような感じで

 

img_4623

 

覆面レスラーの絵画が、メキシカンな感じを醸し出していますねw

 

入店してすぐに解禁されたボジョレーで乾杯!

img_4571

席に案内されてすぐに、解禁されたボジョレーで乾杯!

実は、ワインはあまり得意ではなく、滅多に飲まない僕ですが

一口飲んでみると、心地の良い香りとさっぱりとした軽い口当たりで、グビグビと飲み干してしまいました 🙂

早々とほろ酔いになりながらも、ボジョレーの説明をしていただきました。

 

 

HOMELLA(ホメラ)で出してるボジョレーは一級品!?

img_4569

HOMELLA(ホメラ)で出しているボジョレーは、

ボジョレーの帝王と言われている『ジョルジュ・デュブッフ』ブランドのものだそうです。

確かに裏のラベルに『ジョルジュ・デュブッフ』の記載がありますね。

 

 

タコとセロリのセヴィーチェ

img_4573

 

最初にいただいたのは、タコとセロリのセヴィーチェ

セヴィーチェ・・・?初めて聞く名前に好奇心がそそられます。

ライムを絞って一口いただいてみると、、、うまい!!

ライムのさっぱりとした風味とにんにくのアクセント、

たこの旨味が口の中いっぱいに広がります。

メキシコのカルパッチョといった感じですね。

 

 

メキシカンのシャルキトリー

img_4574

 

シャルキトリーと言うと、肉料理の盛り合わせを指すらしいですが

メキシカンのシャルキトリーと言うだけあって、肉だけに捕らわれない豪華な一皿でした。

 

img_4576

最初にトルティーヤチップスをいただきました。

ソースはチーズ、ワカモレ(アボガドを潰したもの)、トマトのフレッシュサルサの3種類

どれも美味しく、あっという間にチップスがなくなってしまいました。(残ったソースも美味しくいただきましたw)

 

チップスのほかには

●イベリコ豚のサルシッチャ(右上のサラミ風なもの)

●チョリソー

●三種のチーズ

●ドライマンゴー

●ノパリートス(サボテンのピクルス)&チレアンチョ(唐辛子をトマトで漬け込んだもの)

といった盛り合わせです。

僕が個人的に気になったものは、チョリソーとノパリートス&チレアンチョでした。

チョリソーは、メキシコの豚を使用し、アンデスの塩コショウに1日漬け込み、羊の小腸に詰め込んだもので自家製だそうです。

ノパリートスは、サボテンのピクルスと聞いてびっくり、初めて食べたサボテンはとても美味しかったです!!

チレアンチョは、トマトの酸味と風味があり若干マイルドであるかのように感じたのもつかの間、ひりひりとくる辛さが辛党にはたまらないですね!

 

 

松の実とベーコン、マッシュルームのホウレン草サラダ

img_4577

肉厚なホウレン草とベーコンの相性がたまりませんね!

松の実の食感もアクセントになってていい感じ。さっぱりしたくなったらトマトをパクリ!

 

 

海老と青唐辛子のチレアヒージョ

img_4578

オリーブオイルの中でたくさんの海老が泳いでて嬉しいですね!

真ん中の赤いものは、メキシカンのシャルキトリーにもあったチレアンチョ!

チレアンチョとは、唐辛子をトマトで漬け込んだもの(辛党として気に入ったので、もう一度解説)

 

 

テラス席もあるんです!

img_4582

 

テラス席もあるとのことでしたので、お食事の途中でしたが移動させていただきました!

夜風にあたりながら飲むボジョレーも格別ですね~。

 

少し肌寒くなってきたら・・・

img_4627

ポンチョのご用意もあるそうで、貸していただきました。

みんなしてこの格好でお酒を片手にお料理をつまむ。

気分はマチューテですね。

 

 

炎のファヒータ!!

img_4583

 

たっぷりお野菜の上にお肉が盛られています。

このお皿にテキーラをぶっかけて・・・

 

img_4585

 

着火!!

 

img_4587

img_4588

img_4589

 

ファイヤー!!炎のファヒータ!!

夜風が冷たくても、ファヒータの炎で暖をとれるんです!!

 

img_4595

 

アツアツのファヒータを、温かいトルティーヤで包んでいただきます!

この容器はトルティーヤウォーマーといって、トルティーヤが冷めるのと

乾燥するのを防いでくれる専用の容器だそうです(お値段もそこそこするそうです 🙄 )

 

img_4596

こんな風にトルティーヤに乗せて、ソースをかけて、包んでパクリ!

ソースは、サルサ、サルサベルデ(緑色のサルサソース)、オーロラと

3種類もあるので、味の変化も楽しめますね。

 

 

ご飯ものが欲しくなって、メヒコライス

img_4603

 

ご飯は黒米を使用しているそうで、健康にも良くヘルシー。

綺麗な盛り付けをしていただいているのですが、

美味しくいただくために、チップスを砕いてまぜまぜ

 

img_4605

口に運んでみると・・・。

おおっ!ご飯ものの重さはなくさっぱりとしてて、いくらでも食べられそうな!

メキシコ料理も次のデザートでラストに!

 

 

焼立てマンゴーパイ

img_4608

img_4611

運ばれてきた実物を見て、思わず『ウオオオオオオオ』と雄たけび。

でっかい!タワーバーガーのような威圧感。

 

こいつを食べやすいように、ザクッと一刀両断!

img_4613

温かいパイのうえで、ソース、アイスクリームがとろっとろに

たっぷりとからめて、頬張ります!!

 

まとめ

メキシコと聞いて、マラカス、陽気なおじさん、タコスくらいしかイメージできなかった僕でしたが、

聞いたことのないような料理に出会うことができて至福な時間でした。

味はもちろんのこと、お客さんを楽しませようとする仕掛けや、

ポンチョの貸し出しといったような気づかいはとても嬉しいですよね。

 

 

最後に、店長の熊澤さんをご紹介

いろいろとお料理の説明をしていただいて、ありがとうございます。

img_4629

ただ、お料理のお話よりも、盛岡から八戸まで230㎞歩いたというエピソードが一番印象的でしたw

そんな面白い店長さんがお出迎えしてくれるHOMELLA(ホメラ)さんに遊びに行かれてみてはいかがでしょうか!?

 


店名  HOMELLA TEXACO CAFE AND      TABLE(ホメラテキサコカフェアンドテーブル)

住所  東京都墨田区江東橋3-14-5  TERMINA(テルミナ)5F

電話  03-3634-8929

URLhttps://tabelog.com/tokyo/A1312/A131201/13169952/

コメント

タイトルとURLをコピーしました