お初天神に美味しい焼肉屋さん「肉卸 萬野屋別邸」新店舗オープン

新店舗

「肉卸 萬野屋 別邸」2016年7月1日グランドオープン

大阪で何度かお肉を食べているのですが、以前にも食べたことのある萬野屋さんの牛肉。

おいしいお肉だった。と強く印象に残っています。

その萬野屋さんの新店舗「肉卸 萬野屋 別邸」が大阪、お初天神に2016年7月1日オープンとお聞きして、取材をさせて頂きました。

DSC05654

 

お店に行ったのが、オープン前日だったのですが、お店の前はお花で埋め尽くされていました。

オープン当日は、お伺いできませんでしたが、きっともっとお花がいっぱいになったことでしょう。

新しいお店のおいしいお肉への期待で胸が膨らみます。

 

店内に入ると、お店の方忙しそうにお仕事されていました。

 

DSC05513

 

1階のお席はこちら。

DSC05517

 

清潔感があって、ゆったりとしたスペース。

DSC05520

 

せっかっくなので、2階も見せてください。

とお願いして、2階へと階段で上がろうとすると、階段の壁に、沢山の数字が並んでいました。

 

階段の数字の意味とは?

階段の脇の壁の写真です。

DSC05535

1番から数字があちこちに並んでいました。

みつけた中で一番大きかった数字は80番。

DSC05533

 

きっと何か意味があるに違いないと思って聞いてみると

お肉の部位の数を表しているそうでした。

牛肉の部位って、そんなに知らないけど、沢山あるようです。

 

肉卸 萬野屋 別邸 2階の個室

2階に上がると、1階の落ち着いた雰囲気より、ゴージャスな感じがしました。

お席は、この角のようなオブジェのついた壁で仕切られていました。

DSC05529

 

2階の個室のお席です。

DSC05527

 

こちらは特別室。

他のお部屋よりもグッとおしゃれ感があり、隣のお部屋とも少し離れていて、完全な個室でした。

 

DSC05530

 

萬野屋別邸のメニュー

はじめてのお店に行くと、何を注文するか悩みます。

そんな時、私はよく

「何が一番人気なのでしょうか?」

「一番おいしいのはどれですか?」

「何食べたらいいですか?」

などと、聞いてしまいます。

「どれもオススメです」

と、つまらない答えが返ってきても、めげずに

「じゃあ、店員さんはどれが一番好きですか?」

と、聞いたりします。

面倒なお客さんと思われているかもしれません。

 

さて、萬野屋さんのメニューをまずは、見せていただきました。

 

DSC05545

 

普通の食べ方だけでも3種類の食べ方が書いてありました。

素焼き、塩焼き、たれ焼き

おいしいお肉は、何もつけずにそのまま素焼きにして食べたい。

という気持ち、すごくよくわかります。

お肉に自信があるからこそ、メニューに出来る食べ方だと思いました。

DSC05546

 

塊焼き

萬野屋さんの名物。。。と言っても過言ではない、塊焼き

赤身のお肉は、10グラム単位で注文できるようで、10gのお値段が書いてありました。

DSC05551

 

塊焼の他にも、焼き寿き、つゆしゃぶ、オイル焼きなど

お肉を、自分の好みの食べ方で調理してもらって食べることが出来るようです。

お肉の素材に自信がないと、こんなメニューは考えれないのではないでしょうか・?

DSC05556

 

コースもあり、細かい部位での注文もあり、アラカルトもあり。。。

で、お肉に関しては、食べ方がいろいろ。。。

うーん。。。

やはり、どれを食べたらいいかわからなくなって

お店の人にオススメを食べたいので、少し見繕って出してください。

と、お願いしてみました。

 

おいしいお肉の味を楽しむ焼肉

まず、出して頂いたのが、こちらのお肉4品

DSC05559

 

こちらはお薬味の刻みしょうがと刻みわさびです。

DSC05570

 

続いて、ホルモンのオススメ

左上から、時計回りに。。。

ミノサンド、まるちょう、コリコリ、上てっちゃん、レバー

下のお皿の右から

ハラミ、ラムシン、三角バラ、リブロース

DSC05574

まずは、温まった網に、一番右下の油をひきます。

DSC05579

 

そして、1枚ずつ、焼いていきます。

DSC05585

 

焼きあがったら、食べやすいようにはさみで切って

DSC05586

 

お皿にのせてから、頂きました。

DSC05589

 

食べ方は、お好みで良いと思いますが、そのまま食べたり、お塩を軽くつけたりして食べました。

お肉そのものが美味しいので、何もつけなくても美味しかったです。

あと、刻み山葵。

私は、あまり辛いものが好きではないのですが、この刻み山葵は味も深くて、辛すぎず、お肉につけると甘味が出るような気がするほどで、とっても美味しかったので、是非、食べてみてください。

特に、印象に残ったお肉は、ラムシン。

とっても柔らかくて、お箸で、簡単に切れてしまうほどでした。

DSC05596

 

続いて、ホルモンを焼いていただきました。

DSC05591

 

こちらは、そのほかのお薬味

DSC05592

 

ホルモンは、だし醤油も美味しかったです。

私は、このだし醤油が気に入ってしまって、ホルモンのほとんどの部位を、だし醤油と刻みワサビで頂きました。

 

どの部位も、一切れずつ食べれたので、たくさん食べ比べることが出来て、楽しかったです。

 

アラカルトメニュー

焼肉以外のアラカルトメニューも頂きました。

スネ肉のオリエンタルキュイジーヌ

DSC05598

 

赤身肉のタルタルステーキ

DSC05600

 

たっぷり野菜のレアステーキカルパッチョ

DSC05614

 

どのメニューも、焼肉屋さんというよりは、おしゃれなレストランで出てきそうなメニューでした。

野菜もたっぷりで、お肉と野菜のコラボが、どれもよく考えられていて、美味しかったです。

このほか、サラダは、

 

ブロッコリースプラウトと貝割れ大根のサラダ

食べてみて思ったことは、なんだかとっても健康的だあなあ。

これ、とっても美味しかったです。

DSC05639

 

シェフズサラダ

萬野屋さんで人気のシェフズサラダは、たくさんの種類のカラフルな野菜がはいっていました。

はじめて食べるなら、こちらはハズレなしだと思います。

DSC05643

 

焼き寿き

メニューを見て、私が気になったのは「焼き寿き」でした。

どうしても気になって仕方なかったので、最後に頼んでしまいました。

こちらが、その「焼き寿き」です。

DSC05628

 

すき焼きなら、これをすき焼きなべに入れて、割り下と共に少し煮込んで食べるわけですが、「焼き寿き」は、たれの付いたお肉を網で焼いて、卵をつけて頂くそうです。

さっそく、お肉を網で焼いて

DSC05631

 

卵につけていただきました。

DSC05634

卵は、少しあわ立てているようで、柔らかいお味になっていました。

すき焼きじゃないけど、すき焼きみたいな。。。

そんなおいしい「焼き寿き」でした。

 

祝! 新店舗オープン「萬野屋 別邸」

オープン前日という、とても忙しいときにお伺いしたにも関わらず、スタッフの方々は明るく親切に対応して下さいました。

きっと、お客様の笑顔でいっぱいのお店になるんだろうなあ。

と、満腹で大満足な私は、スタッフの皆様の笑顔に見送られながら、お店を後にしました。

DSC05656

写真撮らせてください。とお願いしたところ、集まってくださったスタッフの皆様、ありがとうございました。

また、大阪に行ったら、お邪魔させていただこうと思います。

行かれる方は、混んでいると思われますので、予約してから行くことをオススメします。

 

【店舗情報】

肉卸 萬野屋 別邸

住 所 : 大阪府大阪市北区曽根崎2-5-34 お初天神エビスビル1階

電 話 : 06-6365-2929

営業時間: 17:00~翌1:00(L.O.24:00)

定休日 : 不定休あり

公式HP http://www.mannoya.com/allshops/bettei/

食べログ http://tabelog.com/osaka/A2701/A270101/27091899/

ぐるなび http://r.gnavi.co.jp/nct300z60000/

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました