日本ワイン祭で一番高いワインのおいしい理由を探ってきました

お酒

第2回日本ワインMATSURI祭で一番高いワインとは

 

ワイン祭には、沢山のワイナリーが出展していて、何種類ものワインを出していますが、、、

お値段は、一杯300円~1800円。

もちろん、お店で飲むよりは、全然安い価格設定です。

となると、この日本ワイン祭で一番高いワインってどんなワインなんだろう?

という、好奇心が湧いてきたので、直撃してみました。

 

 

 

長野県のサントリーワインインターナショナル(塩尻ワイナリー)

一番高いチケットが18枚必要だったワインを提供していたのは、長野県のサントリーワインインターナショナル(塩尻ワイナリー)

その中でも、ジャパンプレミアム 岩垂原メルロ 2010(チケット18枚)が、会場で一番高価なワインでした。

ワイングラス一杯1800円です。

ボトルに「チケット18枚」って札がさがっています。

 

DSC04783

 

そこで、不躾に

「このワインが他のワインと比べてかなりお高いんですが、何でですか?」

と、質問してみたところ。

丁寧に、色々と教えてくれました。

DSC04777

 

まずは、産地

写真の地図を見て頂くとわかるとおり

県とか広い範囲ではなく、ピンポイントにここ!というのがあるそうです。

こちらは標高600m~700mの場所にある畑で作られているとか。

標高が高いと何が違うのかというと、日照時間が長く、昼夜の寒暖の差が激しく、その上この畑のある場所は盆地に囲まれているため、降水量も少ないと言う、ブドウの栽培に最適な場所とのことでした。

こちらのワインに使われているぶどうの品種は「メルロ100%」

そして、同じ産地で、同じ品種でも、生産者によって育て方に違いが出る為、特にこのお高いワインは、ある畑である方が生産した「メルロ」のみを使用して製造したワインだそうです。

この生産者の方が作ったぶどうから作られたワインだけがお高い=特別においしい。

「そんなに違うんですか?」

とお聞きしたところ

「違います!」

と、きっぱりお答えを頂きました。

フンチオークの樽で熟成してから、無ろ過にて瓶に詰めたのが、この「ジャパンプレミアム 岩垂原メルロ 2010」ボトル8000円(参考価格)

2000本の限定商品とお聞きしましたが、いや、さすがにおいしい!

 

13325498_576211622539282_3957499136226319034_n

香りといい、広がりといい、奥深さも。。。

文句なしに、 おいしい ワイン でした。

 

2000本限定なので、お店で飲もうと思っても、あまり出回っていないようです。

あっても、ボトルでしか飲めないようなので、一度一杯だけ飲んでみたい方は、是非、この機会に足を運んでみて下さい。

 

【イベント情報】

開催日時 2016年6月3日(金)〜6月5日(日)

3日 15:00〜21:00 4日 11:00〜19:00 5日 11:00〜19:00

開催場所 江東区立豊洲公園(ららぽーと豊洲横) 〒 135-0061 東京都江東区豊洲2ー3ー6

 

関連記事

第2回日本ワインmatsuri祭 IN 豊洲 に美味しいワインを探しに行ってきました
第2回日本ワインmatsuri祭 IN 豊洲2016年6月3日(金)〜6月5日(日) 江東区豊洲公園にて行われているワインイベント。北は北海道から南は九州の大分県まで 18都道府県の51のワイナリーが参加。 日本のワイン10,000本...

 

日本中のワイナリーが集結する日本ワイン祭詳細とオススメの楽しみ方
日本ワインMATSURI祭り@豊洲今年も日本ワインまつりが開催されると聞いて、早速ろ、初日に行ってきました。会場について、まず驚いたのは、出展しているワイナリーの多さでした。北は北海道から、南は九州の大分まで。山梨県な...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました