ライスジュレ ジャパン グルテンフリー レシピコンテスト茨城予選

グルテンフリー

ライスジュレ ジャパン グルテンフリー レシピコンテスト茨城予選

おいしいもの探し隊のかなみんです。

ライスジュレジャパングルテンフリーコンテストの取材をさせて頂いているのですが、今回は茨城予選大会に行ってきました。

ライスジュレ ジャパン グルテンフリー レシピコンテストとは

ヤンマー株式会社のグループ会社のヤンマーアグリイノベーション株式会社およびライステクノロジーかわち株式会社が主催するレシピコンテストで、グランプリに輝いたレシピは、学校給食のレシピとして採用されることが決まっているコンテストです。

新しく開発された、新食品素材「ライスジュレ(米ゲル)」を使用して、アレルギーの子どもたちも、みんなと一緒に食べられる給食レシピを提案するコンテストです。

グルテンフリーの食品素材として注目されている「ライスジュレ」について詳しく知りたい方は、こちらのページをご覧ください。→ライスジュレとは

おいしいもの探し隊にも記事がありますので、こちらもご参照ください。

第一回ライスジュレジャパングルテンフリーレシピコンテストinかわち
第一回ライスジュレジャパングルテンフリーレシピコンテスト開催おいしいもの探し隊のうさっちです。第一回ライスジュレジャパングルテンフリーコンテストが開催されることになったのでお知らせします。主催はヤンマー株式会社のグループ会社であるヤ...

 

また、ライスジュレジャパングルテンフリーレシピコンテストのそのほかの地域での予選大会に関してはこちらの記事をご覧ください。

 

ライスジュレ ジャパン グルテンフリー レシピコンテスト大阪大会レポート記事

第一回ライスジュレグルテンフリーレシピコンテスト大阪予選
第一回ライスジュレグルテンフリーレシピコンテスト大阪予選2018年1月28日 ライスジュレグルテンフリーコンテストの大阪予選が開催されました。ライスジュレグルテンフリーコンテストについての記事はこちらを見てください。コンテストは、...

 

ライスジュレ ジャパン グルテンフリー レシピコンテスト東京大会レポート記事

ライスジュレジャパングルテンフリーレシピコンテスト 東京予選大会
ライスジュレジャパングルテンフリーレシピコンテスト 東京予選大会おいしいもの探し隊のうさっちです。今回は、ライスジュレジャパングルテンフリーコンテストの東京予選大会に行ってきました。ライスジュレジャパングルテンフリーレシピコンテ...

 

ライスジュレ ジャパン グルテンフリー レシピコンテスト茨城大会

大阪予選、東京予選が終了して、いよいよ、予選大会は残すところ、茨城大会のみとなりました。

今回の予選大会も、ライスジュレを使用した、グルテンフリーの給食に出せるレシピを競うコンテストです。

審査員の先生は右から

ヤンマーアグリイノベーション株式会社およびライステクノロジーかわち株式会社の代表の橋本社長

The CAMPus.、ORGANIC JUICY BRUNCH、マネジメントディレクター 山口ひろ 先生

べっぴんプラス株式会社 代表取締役、CHIE’S KITCHEN 代表 廣瀬ちえ 社長

株式会社クルヴェル・キャン代表 小田寿夫社長

ライステクノロジーかわち株式会社 技術顧問 杉山 純一先生

IMG_0937

 

 

IMG_0941

 

橋本社長のお言葉でコンテストスタート。

IMG_0944

 

出場者の皆様がお料理を作り始めました。

IMG_0955 IMG_0960 IMG_0961 IMG_0962

審査員の先生方は自己紹介の後、お料理を作ったいるテーブルを回って、いろいろ質問されていたようでした。

IMG_0995

 

お料理の時間が終了して、いよいよ、プレゼン&審査スタートです。

 

ライスジュレ ジャパン グルテンフリー レシピコンテスト茨城大会パン部門審査

 

IMG_1008

 

グルテンフリーもちもちパンを作ってプレゼンされていました。

IMG_1009

 

プレゼンが終わると、試食した審査員の先生から一言タイム。

IMG_1013

 

パン部門、ニ人目の出場者は、田野島万由子さん​

IMG_1016

 

作られたグルテンフリーのパンは「江戸崎かぼちゃパン」

IMG_1028

かぼちゃの甘みもよく出ていて、レジスタントスターチを使うという、マニアックな作り手の感性が好評だった作品です。

 

 

パン部門、三人目の出場者は、小林 浩子

IMG_1027

作られたグルテンフリーのパンは、かわちの名産品、れんこんを使って、かわちのユルキャラ「かわち丸」くんのれんこん肉まん。

IMG_1032

見た目が可愛くて子ども達が喜びそうな作品でした。

IMG_1033

 

どれも、おいしいグルテンフリーのパンでした。

 

次の審査は、グルテンフリーのお菓子のレシピです。

お菓子部門、一人目の出場者は、寺島孝子さん

IMG_1040

 

「紫いも生チョコ最中byライスジュレ」

名前だけ聞いていると、地味そうに聞こえますが、作品は可愛くて華やかでした。

IMG_1038

 

バランスも、とてもよく、おいしかったです。

IMG_1039

 

お菓子部門、二人目の出場者は、青柳由美子さん

 

IMG_1044

 

ライスジュレを使って、グルテンフリーの「にんじんとバナナのマフィン」をプレゼン。

IMG_1049

 

お菓子部門、三人目の出場者は、河内町食生活改善推進員協議会

ゆず香る「ゆずようかん」 ~つなぎにライスジュレを使って、しっとり「ようかん」~

 

ゆずの砂糖漬けが上に乗っていて、羊羹のおいしさを引き立てました。

IMG_1054

 

ライスジュレ ジャパン グルテンフリー レシピコンテスト茨城予選大会 お料理部門審査

続いて、ライスジュレを使って作った、グルテンフリーのお料理の審査にうつりました。

 

お料理部門、一人目は、河内町食生活改善推進員協議会

 

IMG_1058

 

グルテンフリーの「いわしのつみれ汁」をプレゼンされました。

IMG_1062

 

お野菜を使って、色も可愛く鮮やかな作品でした。

IMG_1064

 

お料理部門、二人目は、河内町食生活改善推進員協議会の食改事務局の皆様

IMG_1067

 

ライスジュレレンコンポタージュ

IMG_1071

 

こちらも、河内の名産、れんこんを使っての、グルテンフリーのお料理でした。

IMG_1073

 

お料理部門、三人目は、知久幸子さん

IMG_1076

 

グルテンフリーのお料理は「グルテンフリー 野菜たっぷり和風グラタン」

IMG_1077

河内の名産品のれんこんを使ったグラタン。

お野菜をたっぷり使っていて、栄養バランスも良さそうな作品でした。

IMG_1079

 

すべての方のプレゼンが終了して、審査員の皆様は、別室に移られて協議されていたようです。

 

試食タイム

その間、会場は、試食タイムとなりました。

ほかの出場者が作ったお料理、パン、お菓子を、皆さん、それぞれに試食されていました。

IMG_1081

 

ライスジュレ ジャパン グルテンフリー レシピコンテスト茨城予選大会 グランプリ発表

楽しい試食タイムが終了して、審査員の先生方が戻られて、いよいよ、決勝大会へと進めるグランプリ作品の発表です。

パン部門のグランプリに輝いたのは

田野島 万由子の作った「江戸崎かぼちゃパン」

IMG_1087

 

お菓子部門は、 河内町食生活改善推進員協議会の鈴木 久枝 が作った

ゆず香る「ゆずようかん」 ~つなぎにライスジュレを使って、しっとり「ようかん」

IMG_1089

 

IMG_1091

 

 

お料理部門は、知久幸子さんの作った「 グルテンフリー 野菜たっぷり和風グラタン」

IMG_1095

IMG_1098

 

ライスジュレ ジャパン グルテンフリー コンテスト茨城予選大会でグランプリを受賞した3名は、決勝大会に出場されます。

写真は、グランプリを受賞されら皆様と審査員の先生

IMG_1134

みなさん、本当に嬉しそうでした。

毎日、一生懸命努力されて、この大会を目指したからこその笑顔に違いない、と思いました。

最後は、全員で記念撮影

IMG_1140

 

皆々様、お疲れ様でした。

決勝大会が楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました