フードフェス・グルメイベントレポート・話題のスイーツ・コンビニの新商品など食にまつわる最新グルメニュースをお届けします♪

名古屋に日本最大級のレストランフロアが誕生!「JRゲートタワー」その2

 |  |  |  |  |  | 鈴木 亜紀子 | by  | 0
  スポンサードリンク、

名古屋に日本最大級のレストランフロアが誕生!「JRゲートタワー」オープン

名古屋駅のランドマークタワー「JRセントラルタワーズ」の隣に「JRゲートタワー」がオープン、JRゲートタワープラザの12、13階のレストラン街をご紹介しています。

 

前回は、12階『多様性・話題性ある「食べる」を楽しむフロア』をご紹介しました。

記事は、こちらから。

今回は、13階 『時間・空間をアクティブに楽しむフロア』をご紹介していきます。

 

s-13階イメージs-Bar Espanol LA BODEGA

 

JRゲートタワー13階 『時間・空間をアクティブに楽しむフロア』

①エントランス

  • Johnnie’s Brasserie(ブラッスリー)東海初

名古屋の景色を一望できる開放感のあるブラッスリー。食事は旬の素材や産地にこだわった厳選食材を使用したグリル料理。また、ドリンクメニューも豊富で、バー利用としても楽しめる店内は、プリミティブでオーガニックなマテリアルを使用し、落ち着いた大人の雰囲気です。カジュアルなシーンからビジネス、各種パーティーシーンなど、様々なシーンで利用できます。

s-Johnnie's Brasserie

 

  • Cafe Downey(アメリカンカフェダイニング)名駅初

1980年、カリフォルニア州のダウニーという小さな街でケーキとサンドウィッチのお店をオープン・・・それから11年後、「アメリカで出会った心地よい空気を皆様に伝えたい」という想いで名古屋・八事に「Cafe Downey」をオープン。「Eat happy」をテーマに、こだわりのサンドウィッチやホームメイドスイーツ、ハンバーガー、パンケーキなどのアメリカンテイストのメニューが幅広い年齢層に長年支持されている地元の老舗人気店です。

s-Cafe Downey

 

  • わらん(和カフェダイニン)東海初

地元名古屋で、1634年創業の両口屋是清が提供するスタイリッシュな和カフェ。ランチは和食中心のカフェ飯で、ディナータイムは食事やドリンク、スイーツなどで、ティータイムだけではなく、食事処や夜カフェなど多くのシーンで利用できるカフェです。和菓子の老舗らしく、春夏秋冬の季節の移り変わりを感じられるメニューと空間で、心地よい大人の時間と進化する和菓子の世界が楽しめます。

s-わらん

 

  • バール・デルソーレ(イタリアバール )東海初

2001年に東京・六本木に開業したイタリアバール。「朝から夜まで、それぞれの人の生活のリズムの中で気軽に立ち寄る止まり木」をコンセプトに、地域に根差したバール。名古屋出身でバリスタのパイオニアであり第一人者の横山千尋氏がクオリティ開発を担当。質の高いイタリアカフェや金賞を受賞したジェラートの他に、イタリアの郷土料理に力を入れ、全20州のマンマの味やワインを月替わりで気軽に味わえます。

s-バール・デルソーレ

 

  • 鉄板焼 天(鉄板焼)東海初

東京・丸の内、銀座、南青山、渋谷に展開する鉄板焼専門店。「上質な素材をシンプルに調理」というコンセプトで、選び抜かれた“さし”と赤身のバランスのよい黒毛和牛ステーキや鮑、伊勢海老を活きたまま目の前で調理してくれます。目の前で調理する様は圧巻で、「目で見て、音で楽しむエンターテイメント」です。

s-鉄板焼 天

 

  • fummy’s grill(カリフォルニア料理)東海初

1996年に東京・恵比寿に開業。“Farm to table”をコンセプトに「作り手の顔が見える食材」を厳選。旬の野菜をたっぷり摂れるカスタムサラダや、豪快に熱々の鉄板で提供される良質なビーフステーキを、アメリカ産を中心にソムリエが選ぶワインとともに手頃な価格で味わえます。こだわりの和牛、旬の魚介類、季節の野菜を楽しめます。

s-fummy's grill

 

②ビストロ広場

  • うなぎ、あゆ 弐澤千(和食 )東海初

1901年に岐阜・多治見に創業した老舗うなぎ・日本料理店「澤千」の新業態です。鰻、鮎など中部地方の優秀な食材を味わえるカウンター割烹ダイニング。板前が炭火などを使い、腕を振るいます。臨場感溢れるカウンター席と共に、和モダンなテーブルダイニング席もあり、元気と落ち着きのある雰囲気の中で、公私問わず様々なシーンで利用できます。

s-うなぎ、あゆ 弐澤千

 

  • Bar Espanol LA BODEGA(スペインバル・スペイン料理)東海初

2007年に東京・丸の内に開業したスペインバル。本場スペインの酒場の雰囲気をそのままに、海の恵みと山の恵み、自然の宝庫に溢れたスペインの風土感、その土地土地の特徴を大切に、自社輸入のオリジナルカヴァやワイン、豊富なタパスの数々、本格パエリャなどの独自のエッセンスを加えたスペイン料理を堪能できます。

Bar Español LA BODEGA

 

  • 和食バル 音音(和食・日本酒バル)東海初

板前の技が光る創作和食をバルスタイルで、全国の日本酒と共に楽しめます。北海道オホーツク・自社農園からの特別栽培野菜をはじめ、国産食材の安全安心も追求。和食バルの代名詞ともいえる「和クアパッツァ」は、和風出汁と白ワインで鮮魚や貝を煮込んだ逸品です。人気のお刺身お宝盛合せは、その日一番鮮度が良い魚を味わえます。他にもウズラや桜肉、鴨などのジビエ料理もラインナップ。日本酒はカジュアルに楽しめるものから希少なものまで幅広く楽しめます。

s-和食バル 音音

 

  • MASTERʼS DREAM HOUSE NAGOYA( ビアホール・洋食)東海初

サントリーグループが展開する新業態のビアレストラン。最高品質の「サントリー ザ・プレミアム・モルツ」「同 香るエール」「同 マスターズドリーム」を中心にサントリーグループの様々なコンテンツを活用したお店です。最高品質のビールとこだわりの料理で、これまでのビアレストランとは一線を画した店舗です。

s-MASTER'S DREAM HOUSE NAGOYA

 

  • ヴィノシティマキシム 東京・日本橋(ビストロ&ワインバル)東海初

2011年に東京・神田に開業したビストロ。神田ワインバルブームの火付け役と呼ばれ、これまで敷居の高かったワインを気軽に楽しむことができます。今では多くの店で導入されている「こぼれスパークリングワイン」を始めた店として有名です。こだわりのワインラインナップと共に、料理は本格的なビストロ料理から、シェフオリジナルの「ワインに合う料理」をリーズナブルに楽しめます。

 

s-ヴィノシティ マキシム 東京・日本橋

 

③フィットネスクラブ周辺

  • 豚組しゃぶ庵 (豚しゃぶ )東海初

話題となった「究極のとんかつ」に続いて、2007年に東京・六本木に開業した豚しゃぶ専門店。日本全国・世界各地から厳選した銘柄豚を仕入れています。素材のこだわりに加え、肉本来の美味しさが失われないよう、注文ごとに肉を都度切りするなど、提供方法にもこだわっています。豚しゃぶはコース料理が中心で食べ放題もあり、通常の豚しゃぶと共に、ランチタイム限定の和食ビュッフェはオフィスワーカー、女性や年配層に大人気です。

s-豚組しゃぶ庵

 

  • やさい家めい (野菜料理)東海初

2006年に東京・表参道に開業した野菜レストラン。「畑の伝道師」渡邉明が選んだお野菜をたっぷり使ったオリジナルのお野菜しゃぶしゃぶや全国の生産者から直送された自慢の野菜を使ったお惣菜の数々をビュッフェで楽しめます。時には農家さんのレシピから生まれるメニューも登場します。

s-やさい家めい

 

  • Rice people,Nice people! (ハーブレストラン&ハーブミルクカフェ)東海初

2012年に東京・渋谷に開業したハーブカフェ&レストラン。ゆったりとしたリゾート空間で、食欲をそそるスパイスとハーブをふんだんに使ったヘルシーな本格料理が楽しめます。新鮮な野菜、さわやかなハーブとスパイスが絶妙に調和した本格的な料理で、からだの中からキレイで元気になれます。ハーブを中心にした料理やドリンクの他にも、子どもが大好きなオムライスや、カフェにぴったりのフレンチトーストやパフェも充実しています。

s-Rice people, Nice people!

 

  • おぼんdeごはん( 定食&カフェ)名駅初

バランスの良い食事をおぼんにのせた定食スタイルで気軽に楽しめ、定食のメインおかずは20種類以上の中からチョイスでき、ごはんも3種類(白ごはん、黒米入りごはん、五穀ひじきごはん)の中から選べます。他にも、だし茶漬け・丼ぶり・うどん・サラダ等があります。人気のそば粉クレープ・パフェを中心に、デザートやドリンクも充実し、何度通っても飽きないメニューラインナップになっています。

s-おぼんdeごはん

 

いかがでしたか。「行ってみたい」と思うレストランは見つかりましたか。

私は、JRゲートタワーのレストランを全て制覇したいです!

 

因みに、タワーズプラザレストラン街では、一部の店舗で24時間いつでもWEB予約が可能です。

予約サイトへはこちらから。

また、詳細は公式サイトでご確認ください。

https://www.towers.jp/event/detail/45

 

 

日本で一番高い場所に位置するスターバックスが誕生

さらに、JRゲートタワー15階、日本国内では一番高い場所に位置するスターバックスなのです。

もぅ、スターバックス好きにはたまらないニュースです。

 

バーカウンターを配したメインフロア、目の前に緑が広がるテラス席、ガラス張りの壁面が特徴のオブザベーションデッキの3つの空間、すべての空間から地上15階の眺望を楽しむことができます。また、壁面には中部地方の窯元からの磁器タイルや割れ陶器をアートパネルの材料として一部活用し、コーヒー農園を表現したオリジナルのアートも設置されています。(公式サイトより)

 

私も大好きなので、今からどのエリアの席に座って楽しもうかとワクワクしています。

 

ワクワクがいっぱいのJRゲートタワー、詳細は公式サイトでご確認の上お出かけくださいね。

 

JRゲートタワー タワーズプラザ レストラン街

https://www.towers.jp/restaurant/?facilities[]=3

 

JRゲートタワー

https://www.towers.jp/jrgt-opening/

※写真は、公式サイトより。

スポンサードリンク

おいしいもの探し隊!をフォローする 

おいしいもの探し隊!隊員紹介

鈴木 亜紀子
WEBサイト

食べ歩きをするのが大好きな2児のママアナウンサーです。福島出身、現在愛知在住。新米愛知県民です。釧路、仙台、いわき、東京あちこち転勤しています。
美味しい外食は、大切な人とのかけがえのない時間。パン、スイーツ、和食、イタリアンが特に好き。 名古屋の美味しいお店を探しています♪
防災士・アルバム大使・バースデープランナー 。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA