フードフェス・グルメイベントレポート・話題のスイーツ・コンビニの新商品など食にまつわる最新グルメニュースをお届けします♪

【大阪・布施】宮崎の農園からのおいしい地鶏と野菜満載の「じとっこ組合」

 |  |  |  |  |  |  |  | こう | by  | 0
  スポンサードリンク、

大阪布施駅徒歩3分!産地直送の地鶏三昧。名前も「じとっこ組合・布施店」

おいしいもの、たのしいとこは、幸せになる!食べるの大好きこうです。

どれもおいしくて食べすぎ注意な「じとっこ組合・布施店」
IMG_0328

近鉄「布施」駅北改札から高架沿いに西へ、お店の明かりが漏れる大きなガラス扉のお店。
入り口脇には看板メニューの、看板。
IMG_0330

店内は屋台のようなテントや木の印象が強い店内です。
座敷はありませんが、宴会もできるそうですよ。
IMG_0327
IMG_0326

メニューにも「じとっこ組合」の説明が!!

メニューを開くと、「じとっこ組合」の説明がありました。
「じとっこ」とは地鶏のブランド名で、『みやざき 地頭鶏(じとっこ)』だそうです。
通常2ヶ月程で出荷されるブロイラーに比べると、雛から120日以上、平飼いや放し飼いで育てるそうです。
IMG_0334

この『みやざき地頭鶏』のルーツは天然記念物の「地頭鶏」なんですって!
そして、「地鶏」と名乗るのに基準があるとは思ってたけど、それが全体の1%程度とは知らなかった!

IMG_0337

さて、そんな養鶏家さんの手間暇のかかった地鶏さんをおいしくいただきましょう。

メニューは地頭鶏と九州産野菜を中心に、豊富に用意されていて、選べない程です。
ということで、オススメをお願いすることにしました。
宮崎で、鶏と聞いて外せないのは「炭火焼」と「チキン南蛮」ですよね!
そこは押さえておくとして、まずは飲み物。。。
飲み物も非常に充実していました。メニュー写真を全部アップするとえらい枚数になるのでやめますが、県内11件の蒸溜所の焼酎がいろいろあって、強い方なら飲み比べもできそうです。
「期間限定」に弱い女子としては、外せない「今しか飲めない生搾り」に惹かれて、こちらを選びました。

「日向夏サワー」と「日向夏サングリア」4月26日まで!!

IMG_0342
IMG_0345

どちらも爽やかで危険なくらい飲みやすくて、お食事の邪魔になりませんし、何杯でも飲めそうでした。

おっ!何か来た!と思ったら、

「付き出し」として来た物がこちらでした。。。
IMG_0352

その時の九州野菜とこだわり卵のゆで卵。それを特製味噌ディップでいただきます。
野菜や卵はもちろんですが、この味噌がめちゃくちゃおいしいんです。
18種類の九州野菜を麦味噌に混ぜたものだそうで、壺に入って食べ放題!

こだわりと言うだけあって、卵の黄身がとても濃厚なお味。
IMG_0362

卵を剥いて、割ってみたらこんなことになったので、、、
IMG_0363

おいし過ぎる味噌ディップを詰めてしまいました(笑)
これ、大正解でしたよ。
そろそろ本題に行きましょう。。。まずは炭火焼からどうぞ!

宮崎地頭鶏炭火焼 中1,220円/大1,880円

IMG_0357

地頭鶏のモモ肉を産地直送の新鮮さを活かすため、レア気味な塩焼きです。
そのままか、柚子胡椒で食べてくださいとのことです。
この鉄鍋と言うのか鉄板は、斜めになっていて、肉汁や油が端に流れて溜まるようになっています。
「ほ〜余分な油を食べないでいいのか!」と思ったら、、、
「溜まった汁に柚子胡椒を混ぜて、それを付けて食べてください。」
と言われました。
IMG_0366

素直に従いましょう。おいしい。お肉の油ってどうしてこんなにおいしいのでしょう。
このままでは炭火焼で終わってしまいますので、次へ行きましょう。

自家製絶品タルタル チキン南蛮 680円

IMG_0355

自家製のタルタルを、手前味噌に「絶品」と謳うだけのことはあります。
「マヨネーズ?」と言う重さがなく、卵感がしっかりあるけどさっぱりとした自家製タルタルは、揚げ物であるチキン南蛮と相性抜群です。とてもジューシーで柔らかいチキン南蛮で、タルタルと一緒に食べると、口の中でタルタルと肉汁が溶け合うようで、これもとてもおいしいです。

焼いて、揚げたので、次は。。。蒸します。

地頭鶏シュウマイ 480円(4個)

IMG_0368

地頭鶏を煮込んだスープが混ぜ込まれた鶏シュウマイ。
お箸で掴むとホロっと崩れそうなくらいフワフワで、ジューシー!
皮が薄くて重くならないので、何個でも食べたくなる軽やかな旨味です。そのままでも十分おいしいですが、用意してくださる特製ポン酢でももちろん。
あ!さっきの特製味噌でもおいしかったですよ!!

蒸すまで行ったので、次は炊くしかないのですが。。。

なんだこれ?この塊は何!?

IMG_0371

ゼリーみたいな塊は、地頭鶏ガラを8時間以上煮込んだ、コラーゲンたっっっぷりの「じとっこスープ」の煮こごり状態です。
そこに、九州では定番の「アゴ出汁」パックを投入するんです!
そんなんおいしいに決まってるやんっ!!
アゴ出汁とは、「アゴが落ちる。」おいしさのトビウオの出汁です。
父が九州出身なので、アゴ出汁のおいしさには多少親しみがありますが、そんなダブルスープなんてっ!反則です。。。

これを火にかけると、スープが溶け始めます。
そこにあるのは、さっきのシュウマイと打って変わって、厚めのモチモチの皮に包まれた餃子が、煮込まれるのを待っている様子です。

さて、できたようです。

IMG_0379

おいしいダブルスープですが、さらにイワシとサバの削り節をかけてください。と言われています。
それはやり過ぎのおいしさ!

最後にネギを投入して完成です。

炊き餃子 880円

IMG_0381

とんすいに取ったら、針生姜と一緒に食べるんですが、、、

IMG_0382
濃厚なはずなのに旨味たっぷりさっぱりなスープ。
モチモチの皮の中からジューシーな具が次々にやってきます。
お箸を進めるうちにだんだん濃さが増すスープ。
「これ。ず〜っと飲んでられるけど、締め入れたいよね。ご飯かな。麺かな。」
神様に聞こえたみたいで、天から麺がやってきました!

IMG_0384

メニューは見たら、、、ありました。

ぜひ〆にラーメン 380円

なんとこれには、麺だけでなくアオサ海苔まで!!
アオサ海苔大好きな私には、考えた方にお礼が言いたいくらいです。
餃子鍋が、アオサ入り鶏白湯ラーメンに変身です!!

IMG_0388

アオサ海苔が〆にもってこいの濃厚スープにさっぱり感を運んでくれるおいしいラーメンでした。

ほっこりしているところに、、、
最初に回収されて行ったはずの鉄板が運ばれて来ました。
なんだろう?と思っていると、、、

IMG_0396

え〜っ!!!
鉄板に残ったおいしい肉汁、脂と柚子胡椒に、、、
なんと!ご飯とネギを混ぜた焼き雑炊状態になったハート!!
いやいやこちらこそThank you!!ですよ!

これは、キッチンに余裕がある時に提供してもらえるサービスのようです。
もちろんおいしいですが、当たり付きのメインメニューくらいに思ってあげてください。
くれぐれも無理をお願いしないであげてくださいね♥
どれもこれもおいしくて、「こんなにおいしいよ!」と、どや顔をしている自撮りも忘れていました。
布施店は、地元の方が多いようですが、わざわざ行く価値ありだと思います。
週末は、地元の家族連れも多いそうですよ。
お野菜もおいしいので、野菜嫌いのお子さんにも、
「急に好きになれとは言わんから、まぁ〜そう言わんといっぺん食べてみ。」
と、お伝えしたくなります。
地鶏がおいしいことは、重ねる必要もないかと思います。

こんなにおいしいのに、お得なコースメニュー(3,500円〜飲み放題付)もあります。
奈良の大和八木にも姉妹店があるそうですよ。

 

【店舗情報】
「じっとこ組合」 大阪布施店
住所:大阪府東大阪市足代新町1-48 ロンモール布施西館8号
電話番号:06-6789-7373
営業時間:月〜土 17:00〜24:00(L.O.23:00)
日・祝 16:00〜23:00(L.O.22:00)
店舗URL:https://r.gnavi.co.jp/c744901/

スポンサードリンク

おいしいもの探し隊!をフォローする 

おいしいもの探し隊!隊員紹介

こう
WEBサイト faceboook

子育て支援の「bellegrandir」代表 早川 香です。大阪生まれ、大阪育ち、大阪在住のです。単身赴任や長時間勤務の多い職場にいた頃、同僚とおいしいものを食べ歩くのが大好きになりました。おいしいものは幸せになれますが、仕事柄からも、おいしいだけではなく、子どものため、家族のため、人のため、心と体を作ることとして、コミュニケーションの場としての「食」の観点からも、おいしいもの、楽しい場所を探す子ども環境アドバイザーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA